2008年03月05日

布団恋し

最近の疲れのせいか、早々と布団に潜り込んでしまいます。布団が気持ちいい…とかいいつつ、布団じゃないんですが…。相変わらずソファです。
クーちゃんが離してくれないんだ…。
私がいない間は私を捜し回り、帰ってくる時間頃になると玄関でちょこんと待っている…。甘えたさんに育てたのは私だけど。

さて、続きはこないだの遙か祭の補足…。いろいろと記憶に残っていることを。

1日目の夜の部がすごく弁九で萌えました。
弁慶さんが突然になくなるから、激しく動揺している九郎たん…。いつもはちゃんとどのくらいで帰ってきますと伝えてからでかけているそうで。めちゃめちゃ凹んでいて可愛かった。
紅の月 弁九ルートに入っていたようです。

んで、美味しいこぼれ話。
突然現れたカエルに驚いて叫び声あげちゃったと嘘を付く望美に、九郎がそれくらいで…みたいなことを言った後、弁慶さんが「九郎も蛇で驚いて腰を抜かしたことがある」と…。
弁慶さんの部屋には罠がしかけてあるらしい…(えげつないやつ?)これはヒノエ曰くなんだけど、罠の腕が上がったのは兄のせい。
景時さんが怖いのは「怒らない朔」
九郎たんは「兄上が冷たいのは愛情の裏返し」っぽいことを言ってた…。あと兄自慢をやって、ヒノエにまた始まった…とか言われてた。

…こんな感じかな…。また、思い出したら書きます。
posted by タカヤマ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 萌え話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11935469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック